慈しみの雨に

こんな風にブログ書かれると嫌がるだろうなと思う。

きもい、こんなんする奴やと思わんかった、と 下手したらTwitterブロックされかねない。

 

もし私が死んで、だれかにブログとか書かれたら嫌だもんな。

 

 

思い出をたどって言葉にしようとすると、美しさ加工がギュンギュンにかかってしまうの、なんでだろうな。すごい邪魔。

 

不幸を美談にしないで欲しいってツイートが最近話題になった。

いつか彼が言っていた、「心に留めておくだけにしよう」って、それも美談だと私は思う。留めるのにも限界あるんだ人間だもの。過去のことはどんどん忘れて色あせて、セピアカラーの写真がなんかおしゃれだなって思う感じ、そんな感じで残るでしょ?

許さん。

そんなおしゃれインスタグラマー的ポジション、許さん。

今の記憶・感情だけでも、せめて無加工で残しておきたい。ごめんね。

 

 

 

史上最高に意味のわからない出会いだ。

草を生やせば何でも楽しいお年頃、

ケバブwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」「ピスタチオwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」「「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」」

 

激寒。

イマドキJKをも軽く凌駕する語彙力。

この人頭大丈夫かとちょっと思ったけど、これで意思疎通出来た時点で、同類なんだと思う。えっやっぱやだ、同類はやだ。散々草生やした後に「ピスタチオってどんなやつ?」って聞いてきた人と同じはやだ。

音楽の趣味も微妙に違うし、なんで繋がったのか、みむめも七不思議のひとつと言ってもいい。

それにリアルでの立ち位置が違いすぎて。

ま~中高では一番目立つグループいたな~って言う1軍スタメンにビビる戦力外(私)。正直 全然理解できない内容つぶやいてたこともあるし、なんで仲良くなれたんだ…?と、友情漫画にありがちなシチュエーションにしか落とし込めないのが今すごい悔しい。

なんか違うよね。

やっぱ単純に、お互いキチガイだったってこと(海外ドラマばりに大袈裟に肩をすくめる横澤夏子風)

 

ああ、笑いの好みは一緒かもしれない。

お正月に一晩中ほぼ同じタイミングでチャンネル変えながら同じ番組を見、同じタイミングでツボに入ってたこと、あれはさすがに気持ち悪かった。

そして自分がちょっと面白いと思って言うこと書くこと、気持ちいいぐらいにウケるから調子に乗ってしまう。

 

私のことをずっと面白い、好きって言い続けるのは彼くらいだ。

 

ずっと不思議だけどうれしかった。いつも言ってくれるから。

でもいつでも本当に純粋な好意だとわかるから、こんな素直さが人を惹きつける理由だろうなと思う。実際リア友多いみたいだし。なんとなくわかる。

 

”自分が死んだときに、もっと話しておけば仲良くしておけばと言われるのは嫌だから、話したい人には自分から話すようにする。”

なんの不純物も混ぜることなくこの感情を抱いて その通りにできるってふつうに羨ましい。

 

 

ああもう、美しさ加工が邪魔をする。

一番嫌であろう ちょっとした英雄扱いっぽいニュアンス滲んできてる、なんで。どうして。

 

 

嫌だった、なんだか最近、すごい嫌な感じがした。

病院の景色とか、音とか、匂い そういうのをより多く感じてる今だから、意味わからんほど鮮明に想像できるんだよ。こわいよ。

元気に動けたことや、ご飯を美味しく食べられることを心から喜びあえる人ってそんなにいない。

 

 

 

 

 

さみしい。

すごくさみしい。

 

 

 

 

 

フォロワーってなに?

 

会ったこともない、本名も知らない、

いなくなってしまっても、身近な人が教えてくれない限りわからない。

 

ネットの関係なんて薄っぺらいと言ったな。

そうだね、本当に薄っぺらいよ。薄っぺらいのに、適当なはずなのに、涙とまらん理由を説明してくれ。

 

 

 

 

もっと仲良くしておけば、とか 1ミリも思ってないよ。

 

 

そういやこないだのリプ返してなかった。

 

おやあり。

 

 

 

てかこれ、昨日貰ったプリンなんだけどさ

f:id:manuke_910:20170628062753j:plain

 

やばくない?w

妖怪関西弁萌えおばさん

先月まで関西の学校に通っていました。この記事は1154字、要約すると「関西弁かわいい」の7字です。

関西弁、かわいい。

 

まず会話で普通になんでやねんって言うんだなぁ、と。

最初は 「うわ!!ナチュラルなんでやねんだ!!!」って天然記念物を発見したかのような衝撃が走った。なんでやねんってほぼテレビの中でしか聞いたことなかったから。あんな自然に会話に溶け込むものだとは思ってなかった。

あとはやっぱり、独特なイントネーション。

「ありがとう」「すごい」って普通に嬉しい言葉も全然違って聞こえて、なんていうか、萌えるってきっとこういう感情だろうな。満面の笑みで言われた時確かにときめいたこと、認めざるを得ない。

 そして去り際の「さよなら」。

例えるなら、UR覚醒、究極進化、超絶激レア。

敬語で話す関係の 京都人限定ボイス。言われて柄に似合わず すごい手振っちゃったもん。

これを大阪&兵庫の子に話したら、

「京都はなあ」「なあ?」「せやな」

と暗黙の何かで通じ合っているようだったのでそれ以上は聞かないことにした。

 

 それと、これは特に大阪かな、会話でのボケ、ツッコミ、オチを大切にしてるなぁと。

学校の国語の教科書にも、「ボケとは」「ツッコミとは」「ノリツッコミとは」って大真面目に解説が載ってて、さすが関西…と思った。当然テストにも出た。(問題文に適切なツッコミを選択肢から選べ、等) 

九州の人は ノリツッコミとかしないじゃないですか〜(´-ω-`)って言われて思ったけど、なんなら九州人は関西人のこと 何でも面白く話せる人種ぐらいに思ってるよ。やばい、偏見のぶつかり合い。異文化理解。

 

一度、ある男の子が おそらく彼が今1番面白いと思う渾身のギャグを私に披露してくれたんだけど、よく分からず「…え?」って言っちゃって盛大にスベらせたことがある。

ごめん、ごめんな。

「みむめもさん、(いつもはよく)笑ってますよね…?!」って言われてちょっとびっくりした。隅の方でじっと話を聞いてる私にウケてるかまでチェック済みとは恐るべし。面白いって特別なんだろうな。

 

向こうでは「なんか方言しゃべって」って言われることがまぁ多かった。だいぶ抑えてるやろ、ええでしゃべってや、って。

皆様にひとつお伝えしたい。

どこへ行っても変わらず方言喋れるのは関西弁だけである。

周りの言葉が違うと不思議と方言って出てこない。(訛りは別) ぽろっと口をついて出ても、通じないし訂正しないといけないから、最初から標準語になる。……標準語の…はずだ。自信無くなってきた。つまりそういう意味でも、関西弁は特別だと思う。

 

最後に、これ読んだ関西人に、「長いねん」「オチどこやねん」って言われたい。

関西弁、かわいい。

美容室に行ったあと自己嫌悪に苛まれる話


まず先に言っておきたいのは、これは美容師さんおよび美容室は全く悪くなくて、100%個人的なコンプレックスのはなし。

 

ドアを開けた瞬間 フワッと漂うちょっと良いスタイリング剤の匂いに、じぶんスイッチ美容室モード、発動。

いつも指名する美容師さんは、担当してもらってもう14年くらい。
最初は「カット中ほとんど喋らないからラク」という理由で指名していたけど、それは超真剣にやっているからで、キャリアを積んだ今もとても勉強熱心な人。美容師というよりは職人。

私はきっと、この人だから美容室に通えているんだと思う。はい/いいえ ぐらいしか口にしない上に 美容に疎くてほとんどお任せ、でもいつもすごく良い感じにしてくれる。

そんなに恵まれてるのになぜ自己嫌悪に苛まれるのかというと、


自分の、反応の薄さ


情けない……。本当に情けない。


顕著に表れるのが、最後に合わせ鏡で後ろを見せてくれる時。

この時の正しい反応が本当に分からない。
笑えばいいのか、頷けばいいのか、かわいいって言えばいいのか、
でも 一応自分のことだし かわいいって言うのも変かって思ったり、
色々考え過ぎて、結果、無表情の

「あ…はい…」


これを例外なく今日もやってしまった。
しかも、今日はいつもと違う美容師さんにやらかした。
めっちゃ不安そうだった(当たり前)。


内心は、想像以上のかわいい仕上がりに結構テンションあがってたのにもかかわらず。

明らかにポーカーフェイスの使い道を間違えている。

さらに奇しくも美容室の名前が「ニコ」……
申し訳なさすぎる。全然ニコってない。

14年来の知り合いでも、時々

「大丈夫?怒ってる?」
って聞かれることがある。
さすがに治さないとまずいと思って、でもなんでかうまくできない。

極端な話 お客"さま"である限り怒られることはそうそう無いわけで、それに甘えている節もある。
きらきらな空間での緊張や おしゃれな美容師さんへの劣等感、そんなのも勿論あると思うけど、何よりも問題なのは、感情を外に出すのが下手すぎることなんだと思う。


何を考えてるのか分からない、近寄りがたい、話しかけづらい。

今までこう言われつつも、出会った人達に恵まれたおかけで 普段はそこまでコンプレックスに思うこともないけれど、
美容室では思い出したかのように コンプレックスが湧き上がってきて、綺麗になった髪とは裏腹、やっぱり自分は駄目だという気持ちで家路につく。

美容師さんってたぶん、綺麗になった人の笑顔が見たくて仕事をしているんだと思ってる。
わぁ〜って反応するのが1番の対価であり、満足しているならそれが礼儀な気もする。

それをしないって失礼だよな…。

すごく楽しそうに喋ってる隣のお客さんを見てちょっと羨ましく思う。
というか美容室でリラックス出来る人って凄い。一回 自律神経の構造調べさせて欲しい。

喋ってる人って一体何を話しているんだろう?

たとえば、今1番楽しいことってなんですか〜?って聞かれがちな質問、

スクフェスでMASTERフルコンした時とイベントで推しを2枚取りした時ですね!!!!!」

とか言えないし、

「深夜に無心でメレンゲ泡立てることです」

は 色々心配されかねないし、

「友達と飲み行って〜からの〜カラオケ行って〜まーじ喉死にました 笑笑」

だめだ、嘘がバレる。


そもそもとってもおしゃれな人達と私と、話が合うことのほうが奇跡みたいなもんだ。
それでも話しかけてもらえるなんて、なんて空間なんだろう。

そうだ、シャンプーしてもらう時、丁寧に「流しますね」「シャンプーしていきますね」と言ってくれる美容師さんになんて返せば良いのか分からない問題。これも深刻だ。

一回だけ、全無言をキメたことがある。もうこれに関しては全力で謝りたい。
頷く動作が出来ないってこんなに不便なのかと思い知った。私、首振れなくなったら意思疎通できなくなるかも。交通事故とか気をつけよう。
とりあえず今は、「はい…」って死にかけの虫みたいな返事してる。


すぐにニコニコ反応したり、楽しく会話したりは無理だけど、今後の人生のためにも、少なくとも怒ってると思われない程度には コミュニケーションをとる努力をしないといけないと思ってる。

また近々美容室に行く予定がある。
電話予約の時点で既に緊張の目盛り振り切りそうになるけど、
今度こそ、
この前の髪型好評でしたって、そう言うんだ。